お見合いで出会いを見つけるのも一つの方法だと思う

長男として子孫を残さないといけないと思っている一方で、結婚につながるような出会いがありませんでした。

両輪は急かしてくるようなことがありませんでしたが、無言の圧力を確かに感じていました。婚活パーティーに参加しようとしても、当日になってから怖くなりドタキャンしてしまった経験が多いです。

こんな腰抜けの私にも、最適な婚活の方法がありました。お見合いです。見ず知らずの男女が個室で顔を合わせることになるので、婚活パーティーのように逃げることはできません。必ず話題を提供しなければならないプレッシャーは大きいですが、その分だけ婚活に必死になれました。

今は結婚を前提にお付き合いしている女性がおり、彼女とはお見合いで出会いました。口下手な私とは対照的に、思ったことを何でも口にする彼女とは一緒にいて楽な気持ちになれます。

お見合いをセッティングしてくれたのは近所の老夫婦で、数年前から私の将来を心配してくれていたようです。

続きを読む

私が結婚相手と出会うためにしてきた二つのこと

私は最近結婚したのですが、もし何も行動していなければ、たぶん未だに結婚できていなかっただろうと思います。ここでは、出会いのためにそんな私がやってきたことをご紹介したいと思います。

まず、飲み会に誘われればどんな会にもほとんど顔を出していました。友達の友達とも知り合うことができたので、交友関係がかなり広がりました。結局そこで知り合った人とは交際にまで発展しませんでしたが、多くの人と交わることができ、たくさん刺激を受けたので良い経験でした。

さらに、趣味の文通を通して日本全国や世界の人とやりとりを楽しんでいました。ネット上の文通相手募集の掲示板を使えば、気軽に相手を探すことができるのです。私は異性との出会いを主な目的にしていた訳ではありませんが「いい出会いがあったらいいな」程度に考え、気が合いそうな人と楽しむことを第一にやっていました。そして、遠方に住む一人の文通相手と直接顔を合わせる機会があり、何度か会ううちにその人と交際に発展し、結婚するまでに至ったのです。

自分で言うのも何ですが、一通の手紙から出会いが始まったのだと思うと、なかなか感慨深いです。出会いはいつどこにあるかわからないので、常にアンテナを張って人との交流の場に飛び込むことが必要なのだと思います。

続きを読む

婚活で思う事

婚活をしていると感じるのは、自分は想像以上に結婚相手に多くの事を求めてしまっているという事です。

見た目は気にしない方だと思っていたのですが、実際に結婚を意識すると相手のルックスも気にしてしまうのです。すごく美人な女性である必要はもちろんありませんが、最低限身なりに気を遣っている人がいいと思いましたよ。

もちろん、私も気を遣うようになりました。女性って男性以上に見た目について気にするかと思いますので、気を付けていかないと女性に嫌われてしまうと思いまして。婚活パーティーに行くと他の男性の行動も見てしまいますね。変な男性とかがいるとどうしても気にしてしまいますし。でも、やはりいろいろと気を付けるようになってから女性にも声をかけてもらえるようになりましたね。

でも、気を付けていかなければならないと思っていることがもう一つあります。婚活パーティーって意外と楽しいので、これに参加することが目的になってしまい、婚活が二の次にならないようにしなければなとは思っております。

続きを読む